スプラトゥーン2オンライン有料化の開始時期と値段WiiUで遊べるスプラトゥーンはインターネット環境が整っていれば、オンラインで遊ぶのは無料でした。
しかし、スプラトゥーン2はニンテンドースイッチオンラインという有料サービスに加入しなければオンラインプレイができなくなります。

ヒーローモードなどオンラインに繋がなくてもできるモードもありますが、メインとなるナワバリバトルやガチマッチで遊ぶにはオンラインが必須。
ということはスプラトゥーン2を遊びつくすにはニンテンドースイッチオンラインへのサービス加入も必須でしょう。

ニンテンドースイッチオンラインに関する情報を整理しましたのでご覧ください。

スポンサードリンク
  

スプラトゥーン2はオンライン対戦が有料化!?

冒頭でスプラトゥーン2を遊ぶには、と紹介しましたが、正確にはNintendo Switchのゲームでオンラインプレイをするためには、有料のオンラインサービスに加入する必要があります。
例えばスプラトゥーン2の他にマリオカートやARMSもオンライン対戦をするのであれば、オンラインサービスの加入が必須です。

Wii Uでは無料で出来たのに、なんでスイッチは有料になるの!?と思うかもしれませんが、基本的にはオンライン対戦をする時のサーバーの管理など、無料でやるには負担が大きすぎるというのが大人の事情としてあります。
無料にしてプレイ環境が悪くなるよりも、有料にして快適なプレイ環境になった方が特にスプラトゥーンのようなゲームではストレスなくプレイできるでしょう。
同じゲーム機であるPS4もオンライン有料ですので、もうこれはそういう流れなのかな、と思います。
ま、いろいろひっくるめて”大人の事情”というやつですね。

ユーザー側はそんな大人の事情なんて関係ないことではありますが、気になる人はそんな事情があると理解してあげてくださいね。

オンライン有料化はいつから?

これまで『2018年サービス開始』となっていて具体的な日時が発表されていませんでしたが、ついに正式なサービス開始日が発表されました。
ニンテンドースイッチオンラインの有料化は2018年9月から始まります。
それまではスプラトゥーン2をはじめNIntendo Switchのゲームでのオンラインプレイは無料で楽しむことができます。

『2018年サービス開始』という言葉で「いつ!?いきなり発表されて遊べなくなるのやだよ!?」と不安になっていた方も多いと思いますが、ひとまずはっきりした時期がわかってよかったです。

一部ネットの反応には「直前になったらやっぱり無料期間伸びるんじゃね?」的な反応もありますが、残念ながらそれはありません(笑)

スポンサードリンク

スマートフォンでのボイスチャットサービスも無料でできる!

オンラインサービスの中にはスマートフォンのアプリでオンラインプレイの待ち合わせやボイスチャットができるサービスもあります。
スプラトゥーン2ではイカリング2というサービスですね。

このアプリを使えば、直近の自分の対戦成績を見ることができたり、ナワバリバトルやガチマッチの今後のスケジュールなどを見ることができます。
また、イカリング2でしか買えないギア装備(ゲーム内に出る同名のギア装備とメインギアが違う)もあります。

イカリング2を入れてるフレンド同士でボイスチャット付きのプライベートマッチをすることもできます。
スプラトゥーン2を遊びつくすために是非入れたいアプリです。

ニンテンドースイッチオンラインのサービスの中にはこのアプリも含まれています。

セーブデータお預かり機能、ファミコンで遊べるモードも!

スプラトゥーン2とは直接関係ありませんが、ニンテンドースイッチオンラインのサービスにはセーブデータお預かり機能とファミコンで遊べるモードもあります。

セーブデータお預かり機能は本体のセーブデータをインターネット上のサーバーに預ける機能です。
わかる人はクラウドセーブデータ機能と言い換えてもいいですね。
万一スイッチ本体が壊れても、これがあれば復旧できるので安心です。
また、例えば一人暮らしを始める人で新しくスイッチを買う人もこの機能があれば、セーブしたデータからまた遊べるようになりますね。

ただ、オンラインでプレイするゲームはこのセーブデータ機能にどこまで対応するかはまだ未定です
例えばスプラトゥーン2だったらセーブデータを預けておいて、ガチマッチでウデマエが下がったら、セーブデータを戻して元通り、ってなっちゃたらダメですからね。
どこまで対応するか詳細は今後の発表を待ちましょう。

ファミコンで遊べるモードは、初代マリオブラザーズをはじめとしたファミコンのゲームを遊ぶことができるモードです。
ゲームによっては対戦モードがあり、これはオンライン対戦で遊ぶことができます。
ドクターマリオとかオンライン対戦でやるの楽しそうですね。

オンライン有料化の値段は?

気になるオンラインサービスの値段ですが、個人プランとファミリープランの2種類があり、それぞれ値段が違います。

個人プラン(1アカウント)
1か月(30日) 300円
3か月(90日) 800円
12か月(365日) 2,400円 
ファミリープラン(最大8アカウント)
12か月(365日) 4,500円 

個人プランなら1か月、3か月、12か月から選べます。
長い期間を選んだほうが一日当たりの金額はお得です。

ファミリープランは12か月のみ選べるようになっています。
最大8アカウントとなっていますが、2アカウント以上なら個人プランでそれぞれ入るよりお得です。

正直、かなり値段は抑えられていると感じます。
個人プランは1カ月でも1日あたり10円。12カ月なら一日当たり約7円です。うまい棒よりも安いです。
単純比較はできませんが、PS4のネットワークサービスは12カ月利用で4,672円です。

ファミリープランとはなんぞや?

料金プランの中でファミリープランというのがありますが、これは最大8アカウントまでは4,500円でニンテンドースイッチオンラインのサービスを受けられるということです。

例えば、家族4人暮らしであればそのうちの誰か一人がファミリープランで契約し、残りの三人をファミリー設定すれば、他の3人は料金を払ってオンラインサービスに加入する必要はないということです。

ファミリーと名前はついてますが、もちろんファミリーじゃなくて一緒に住んでいる彼氏や彼女でもいいですし、ルームメイトでもOK。
私のようにプレイしているのは一人でもいくつかメインアカウントとサブアカウントを持っている人はファミリープランにしたほうがお得ですね。

なお、ファミリープランを利用するにはスイッチにてファミリー設定をしなければならないので必ず設定しておきましょう。
また、購入できる人は18歳以上で支払いもクレジットカードかPayPalをニンテンドーアカウントに登録する必要があります。

オンライン有料の支払い方法は?

オンライン有料となった場合の支払方法は現時点ではニンテンドーeショップか任天堂HPからとなっています。
今後コンビニやゲームショップなどで売られているニンテンドープリペイドカード、ニンテンドープリペイド番号で購入できるかは未定です。
支払いはクレジットカード、PayPal決済は確定。銀行振込などに対応するかは今後の発表を待つことになります。

ちなみにWiiUにあった交通系電子マネーの支払い機能は現時点でスイッチには搭載されていませんので、支払い方法としてはないでしょう。

スプラトゥーン2のオンライン有料化まとめ

2018年9月からは有料のオンラインサービスへの加入をしなければスプラトゥーン2でオンライン対戦を楽しむことはできません。
逆にそれまではオンラインに関しては無料で楽しむことができます。

トピックス内でもふれましたが、有料になったことでラグが改善されたり、プレイ中にオンライン接続が途切れてしまうことを少なくしてくれれば嬉しいですね。
現在でも夜の19時ごろは回線落ちするプレイヤーも結構います。これが改善されるだけでも嬉しいです。

スプラトゥーン2に限らず、クラウドセーブデータやファミコンのソフトが遊べたりもしますので、スプラトゥーン2でフレンドと対戦した後、ファミコンのソフトでもう一度対戦する、って使い方もできますね。

スポンサードリンク