「ガチマッチ」の記事一覧

スプラ2のモンガラキャンプ場のガチヤグラの立ち回りと打開のコツ

ガチマッチ
モンガラキャンプ場のガチヤグラ打開

モンガラキャンプ場のガチヤグラはヤグラルートが川の上を通るなど不安定な場所が多いため、他の味方の前線上げや援護が不可欠になる。 ヤグラを守りながら進む、という意識も大事だが、ヤグラに乗って相手を引き付けながら進む、という意識も大事。 逆に相手にヤグラを乗られてしまった場面では、カンモンポイントを中心に要所要所で止めに行くように動くといい。 どんな場所でも関係なく止めに行こうとするとやられてしまうことも多いぞ。 そんなモンガラキャンプ場のガチヤグラの立ち回りと打開のポイントを紹介しよう。

ガチアサリのパブロがうざい時の対策と考え方を紹介するよ!

ガチマッチ
パブロガチアサリ対策

他のガチマッチルールに比べ、圧倒的に使用率が上がるパブロ(or パブロ・ヒュー) 立ち回りとしてはあまり撃ち合いや塗り合いに参加するよりもアサリの回収とガチアサリをぶつけることに特化するような動きが多い。 パブロは高速移動ができるため、見つけてもなかなか倒しきれないのが厄介だ。 そのうえガチアサリのパブロは倒しに来るような動きをしないので、動きが読みづらい。 このようなうざいパブロが出てきた時どのように対策をすればいいのか? 私の考え方を紹介するので、参考にしてみてほしい。

スプラトゥーン2のショッツル鉱山のガチエリアの立ち回りと打開のポイント

ガチマッチ
ショッツル鉱山ガチエリア

ショッツル鉱山のガチエリアはエリアが中央付近に二カ所ある。 そのため両方奪ってキープするのがなかなか大変。 エリアを奪うよりも相手をキルして人数を減らすことがより大事になってくるだろう。 キーワードになるのが攻撃方向。 リスタート地点から正面に見えるガチエリアをそのまま正面から塗っているだけではなかなか戦況を動かせない。 ポイントになるのはベルトコンベアとインクレールだ。 また、打開の場面も相手に押され気味になった時にどこから手をつければいいかわからなくなりがち。 この打開のきっかけをどこに求めるかも私なりにおすすめの動きを紹介しよう。

スプラトゥーン2のショッツル鉱山ガチヤグラの立ち回りと打開のコツ!

ガチマッチ

ショッツル鉱山のガチヤグラはヤグラルートが中央に密集している。 そのため、ヤグラに乗っていることがリスクになりにくい。 むしろある程度乗り続けていたほうが有利にさえなる。 他のステージとは考え方を少し変える必要があるだろう。 立ち回りにおいては、やはりベルトコンベア周辺の戦いがカギになる。 ショッツル×ヤグラなのでブラスターを持ってくる相手も多いため、塗りも大事にしたいところだ。 今回はそんなショッツル鉱山のガチヤグラの立ち回りと打開のポイントを紹介しよう。

スプラ2のショッツル鉱山のガチホコルートと立ち回り・打開の動き方!

ガチマッチ
ショッツル鉱山のガチホコ

ベルトコンベアがステージ各所に配置されたショッツル鉱山。 特に中央付近ではベルトコンベアの高台そのものが目隠しにもなっており、お互い横や背後をつきやすい構造になっている。 そして、ガチホコのショッツル鉱山は他のルールに比べかなり大胆にステージ構造が変化している。 スタート地点が90度違い、縦長のステージになっている。 中央はあまり変化はないが、自陣側・相手側が高くなっているぞ。 そんなショッツル鉱山のガチホコの立ち回りと打開のポイントを紹介しよう。

アジフライスタジアムのガチホコの立ち回りと打開。ルートの選び方とは!

ガチマッチ
アジフライスタジアムガチホコ

アジフライスタジアムはバスケットコート中央の攻防を周囲の高台を使って制することがカギになるステージ。 だが、ガチホコルールではそれに加えて相手陣地内を突破しなければならず、かなり突破が難しい。 なにしろ相手陣地内は高台が多く、かつ道も狭くて入り組んでいるので、援護もしにくい。 普通に向かうと上からガンガン攻撃されて少しもホコを進められない。 ルートの選び方、ホコの進め方、ホコ持ちの援護の仕方。 なかなか勝てない人はぜひ今回の記事を基本にして立ち回ってみてほしい。 アジフライスタジアムのガチホコルートの選び方や全般的な立ち回り、打開について解説しよう。

アジフライスタジアムのガチヤグラの立ち回りと打開のポイント

ガチマッチ
アジフライスタジアムのガチヤグラ

バスケットボールのコートを中心に周囲に高台がひしめき合うようなステージ構造が特徴のアジフライスタジアム。 通常「アジスタ」。 バトルを制するカギは左右のバスケットゴールの高台を中心とした有利なポジションを奪えるかにかかっている。 それはガチヤグラルールでも同じ。 3つあるカンモンポイントはどこも高台に囲まれているので、ある程度つぶしておかないと先に進めない。 逆に打開の場面では高台をフル活用してヤグラを取り囲むように攻撃を浴びせることがポイントになるぞ。 今回はそんなアジフライスタジアムの立ち回りと打開のポイントを紹介しよう。

アジフライスタジアムのガチエリアの立ち回りと打開のポイント!

ガチマッチ

アジフライスタジアムは中央のバスケットコートを中心に周囲の高台を利用しながら戦うことがポイントになるステージ。 ガチエリアルールでは、そのバスケットコートの中心部分が奪い合うエリアになっているため、お互いに有利なポジションを取ろうと目まぐるしい戦いが繰り広げられるぞ。 味方と相手の人数を見ながら、相手側のバスケットゴールの高台まで強気に攻める場面なのか、それとも自陣側のバスケットゴールの高台を中心に守るべきなのか。 攻守を意識して立ち回ることがカギになる。 今回はそんなアジフライスタジアムのガチエリアの立ち回りと打開のポイントを紹介しよう。

スプラトゥーン2のアロワナモールのガチエリアの立ち回りと打開

ガチマッチ
アロワナモールガチエリア

アロワナモールは縦に長いステージではあるが、ホッケふ頭のように平面的ではなく、全体的に高低差があることが特徴的なステージ。 当然、高い場所をとることができれば有利になるが、高い場所は狭くもあるのでキープするのは容易ではない。 シンプルだが、自分たちが高い場所を取り、相手に高い場所を使わせないようにするのが立ち回りの基本的な考え方になる。 ガチエリアの立ち回りにおいても打開においても、高台の重要性はほかのルールと変わらない。 むしろステージ中央で戦い続けなければいけない分、より重要性は増しているといえる。 他のステージのように前線を上げるよりも高台に近づけないような立ち回りも大事だ。 今回はそんなアロワナモールのガチエリア立ち回りと打開の動き方を紹介しよう。

スプラトゥーン2のアロワナモールでのガチホコ立ち回りと打開の動き方!

ガチマッチ
アロワナモール

アロワナモールのガチホコはホコバリアの爆発やガチホコショットも相まって特に中央付近はお互いのインクが目まぐるしい塗り合いになること必至のステージ。 中央のくぼ地、サイドの高台も含めお互い色んな方向から攻撃できることから油断するとすぐやられてしまい全滅、なんてことも。 ガチホコルートは上から行くか、下から行くか。 私が対戦している限り、下には降りずに左右の金網伝いで運ぶプレイヤーが多いが、下のルートも決して悪いルートではない。 それぞれルートの特徴を把握しておこう。

ページの先頭へ